クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

『香川照之の昆虫すごいぜ!』が神番組な件について

f:id:mygt:20181023155535j:plain

今更感はありますが、語らせてください。もう5時限目まで番組は進んでしまいましたが、何でしょう、あの大人をも魅了する番組の破壊力は。

 

明らかに子供向けです。幼稚園から小学校低学年をターゲットにした番組だと思われます。

 

俳優で昆虫好きの香川照之さんが、毎回一つの昆虫について紹介して、それをゲストの子役俳優たちが学習していくという、単純な番組構成なのですが、何なんでしょうか、あの面白さ、ワクワク感。

 

学校の授業のような真剣さ、生真面目さではなく、ゆるい要素を含んだ、笑いあり、ドラマあり、熱さありの授業だからかもしれません。

 

生涯学習の重要性が叫ばれる中、こういう学びってどんどん重要になってくる気がします。肩肘張らないで、面白おかしく、好奇心のおもむくままに学ぶ。

 

特に香川照之さんみたいに昆虫のことが好きで好きでたまらない!っていう人に昆虫のことを教わるって理想的ですよね。

 

その知識量に圧倒されますけど、一番は情熱でしょうか。昆虫はすごいんだぞ、人生の縮図、人生の教科書なんだぞ、昆虫から学べることは、山ほどあるぞっていう、うーん、そういうのが伝わってきて、嬉しくなってしまいます。

 

聞き役のてらだしんくんも最初は昆虫嫌いだったのに、今や前のめり気味で質問するという、いやー、おじさんは成長ぶりが非常に嬉しい!涙がでるよ!

 

同じテイストの番組として、山田孝之さんがメインキャスター(?)を務める『植物に学ぶ生存戦略』が先日放映されました。

 

シュールな笑いを含んだ玄人好みの番組でしたけど、僕はすごく好きです。

 

シリーズ化されることを願ってやみません。