クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

ソール・ライターの言葉から写真を学ぶ

f:id:mygt:20180621211348j:plain

常々、写真をもっと学びたいと思っていて、ブログの記事でもそういう記事を書いてきました。

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

 

今回は、写真家であり、画家でもあるソール・ライターの言葉を取り上げたいと思います。

 

彼は、人生の後半で初めて写真集を出すなど、名声や富とは無縁な人生を送っています。それが彼のスタイルというか、注目を浴びたり、人の前に出ることがあまり好きではないタイプの人間だったようです。

これは典型的な西洋人とはだいぶ違っていて、だからこそ彼の作品からは、奥ゆかしさ、あいまいさ、純粋性みたいなものが感じ取れるのではないでしょうか。

 

The important thing in life is not what you get, but what you throw out.

 

(意訳)

人生において最も重要なことは、何を得るかではなく、何を捨てるかだ。

 

出典:TOP 19 QUOTES BY SAUL LEITER | A-Z Quotes

 

これは彼の人生哲学ですけど、写真という文脈で考えると、被写体、構図、色彩表現をデザインする時の引き算の美学にも通じる点があると思います。

人生哲学の点では、周りから不要なものを捨てることによって、自分にとって重要なものを再認識し、それらに集中することでより豊かに人生を生きることができる。そういうことを語っているように思います。

建築家のミース・ファン・デル・ローエも「Less is more.」という似たようなことを言っていますね。

 

以下、私のお気に入りの名言集です。

A window covered with raindrops interests me more than a photograph of a famous person.

 

(意訳)

雨滴で覆われている窓は、有名人の写真よりも私の興味を刺激する。

 

出典: TOP 19 QUOTES BY SAUL LEITER | A-Z Quotes

 

I spent a great deal of my life being ignored. I was always very happy that way. Being ignored is a great privilege. That is how I think I learned to see what others do not see and to react to situations differently. I simply looked at the world, not really prepared for anything.

 

(意訳)

私は、放っておかれることに人生の大半を費やした。そういう状態は、いつもとても幸福だった。放っておかれることは素晴らしい特権だ。だから、私は他の人が見ないことや反応しないことを認識することができた。私は先入観を持たないで純粋に世界を見ていただけだ。

 

出典: TOP 19 QUOTES BY SAUL LEITER | A-Z Quotes 

 

I go out to take a walk, I see something, I take a picture. I take photographs. I have avoided profound explanations of what I do.

 

(意訳)

私は散歩にでかける。何かを見る。そして写真を撮る。何枚か撮る。私は自分のすることに関して深く説明をしない。 

 

出典: TOP 19 QUOTES BY SAUL LEITER | A-Z Quotes 

 

My photographs are the tiniest part of what I see that could be photographed. They are fragments of endless possibilities.

 

(意訳)

私の写真は、私の認識する最も小さな部分であって、それらは終わることのない可能性の断片なんだ。

 

出典: TOP 19 QUOTES BY SAUL LEITER | A-Z Quotes 

 

画家を目指していただけあって、感性的な部分や感覚的な部分をすごく大事にする人なのかなって思いました。仙人みたいな人ですけど、彼の哲学や作品に取り組む姿勢には真摯なものを感じますし、だからこそ人の心を打つんだと思います。

 

最後にカラー写真のパイオニアと言われる彼の色彩に関する言葉を引用して終わりたいと思います。

 

I find it strange that anyone would believe that the only thing that matters is black and white. It is just idiotic. The history of art is the history of color. The cave paintings had color...

 

(意訳)

私はモノクロ写真が唯一のアートフォームだと信じる人を奇妙だと思う。それは馬鹿げたことだ。アートの歴史は、カラーの歴史だ。洞窟の壁画だってカラーを持っているよ。

出典:saul leiter: for nothing to happen — magda rittenhouse