読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

北欧4ヵ国を周遊する上で困ったこと

4月14日から約2週間、北欧4ヵ国を周遊してきたのですが、旅をプランニングする上で困ったことを備忘録も兼ねて書きたいと思います。

ツアー旅行の方が楽なのは言うまでもないのですが、価格が高いですし、今回は貯めてあったJALのマイルを使って成田ーヘルシンキを往復したので、現地のホテルや交通手段は全て個人で手配することにしました。

旅の目的

ヨーロッパ、特に北欧のデザイン、アート、建築に触れて学びを深めることです。デザインの中でもインテリアデザインに興味があって、20世紀を代表する照明デザイナー ポール・ヘニングセンを輩出した国、デンマークを訪れるのが何より楽しみでした。 

どういうルートで回ると楽しめるのか

2週間という期間でヘルシンキをベースとして北欧4ヵ国の首都を回る場合、どのようなルートで回ると旅を楽しめるのか。自分の情報収集能力が低いだけなのかもしれませんが意外と情報が少なくて困りました。

地球の歩き方の北欧編やツアー旅行の周遊プランなどを参考にしながら、最終的には、(1)ヘルシンキ→(2)ストックホルム→(3)オスロー→(4)コペンハーゲン→(1)ヘルシンキのルートに決定しました。そうです、単純に東から西へ移動していくという何の捻りもないルートにしました。

f:id:mygt:20170507184801j:plain

どういう交通手段で回ると経済的かつ快適なのか

ルートが決まったとして、首都間を移動する場合、どういう交通手段がいいのか。飛行機、鉄道、船、バスという4種類の手段があるので、これも迷いました。

せっかくなのでバス以外の交通手段を全て体験してみることにしました。ヘルシンキストックホルム間は、タリンク・シリヤラインで1泊2日の船旅。(船会社のホームページから予約しました。)ストックホルムオスロー間は長距離列車。(こちらもストックホルム国鉄ホームページから予約しました。)オスロー→コペンハーゲンコペンハーゲンヘルシンキは時間を節約したかったので景観を楽しむことを犠牲にして飛行機を選択しました。(スカンジナビア航空ホームページから航空券を購入しました。)

オフシーズンということもあり、飛行機、鉄道、船はどれも片道一万円前後の値段だったので、時間を節約したい場合は、飛行機一択でしょう。

快適さという面では、鉄道が一番良かったです。座席が広くてWiFiやコンセントも完備されていましたし、事前に昼食を頼んでおいたのですがこれも美味しかったです。飛行機と違って手荷物検査やチェックイン手続きがないのも良いですね。ストックホルムオスロー間は景観がとても綺麗ということで期待していたのですが、これはそれほどでもなかったような気がします。ちなみにノルウェーオスロー→ベルゲン間は世界でも屈指の景勝ルートとして名高いそうなので、機会があれば乗ってみたいと考えています。

宿泊施設はどのような基準で選べばいいのか

初めての都市で勝手が分からないと思ったので、各都市の中央駅になるべく近いエコノミークラスのホテルを予約しました。楽天トラベルで評価が高く、値段も1泊1万円前後の宿がいくつか見つかったのでそこから選びました。4月はまだ観光シーズンではないこともあって、比較的宿も空いていましたし、安く泊まれたと思います。

Webサービスの見かけ上は楽天トラベルの名前になっていますが、実質的にはブッキングドットコムという世界最大の宿泊予約サイトのサービスを利用しているので、ブッキングドットコムから直接予約しても変わらなかったと思います。以前、某宿泊予約サイトで予約した時に、なんと現地でホテルが予約されていないと言われて途方に暮れた経験があるのですが今回はそんなことはありませんでした。

ヘルシンキストックホルムオスローの各都市のホテルを予約する時に楽天トラベルを利用し、コペンハーゲンAirbnbを利用しました。Airbnbの利用については体験談を書いていますので興味のある方はこちらをどうぞ。(→「【民泊体験】小心者かつ内向型人間の僕が海外で初めてAirbnbを利用して驚いたこと3選 - クロネコの塵壺」)