クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

お気に入りの北欧ジャズを紹介します

Alexi Tuomarila

音楽に関する記事をあまり書いていなかったので、今回は大好きなジャズについて書きたいと思います。ジャズの中でもモダン・ジャズと言われる1940年代から60年代に流行した音楽が好きでよく聴いていました。お気に入りのミュージシャンは、ウィントン・ケリーレッド・ガーランドセロニアス・モンクなどのピアニストです。ウッドベース、ドラムと一緒に演奏するピアノトリオと呼ばれる編成が三度の飯より好きです。

さて、北欧ジャズですが、ここでは北欧出身のジャズミュージシャンが演奏する音楽を北欧ジャズと定義したいと思います。一般的な特徴としては、ミニマルな音数、叙情的で美しいメロディ、そして環境音楽のように癒しの要素がある気がしています。

それではお気に入りの北欧ジャズミュージシャンを3組紹介します。全てピアノトリオです。

E.S.T. (Esbjörn Svensson Trio)

1993年に結成したスウェーデンのピアノトリオ。メンバーは、エスビョルン・スヴェンソン(ピアノ)、ダン・ベルグルンド(ベース)、マグヌス・オストロム(ドラム)。ポップミュージックの要素も取り入れているので、ジャズが苦手という人にもぜひ聴いてほしい。スタンダードなジャズナンバーはほとんど演奏せず、ほぼ自作曲のみ。2008年にエスビョルン・スヴェンソン(ピアノ)が事故により死去したため生演奏はもう聞くことができない。


Esbjorn Svensson Trio - Elevation of Love

Lars Jansson Trio

ラーシュ・ヤンソンは北欧ジャズというよりヨーロッパジャズ界の大御所的存在。1979年にトリオを結成。2017年時点のメンバーは、ラーシュ・ヤンソン(ピアノ)、トーマス・フォネスベック(ベース)、ポール・スヴァンベリー(ドラム)。叙情的で美しい自作曲を演奏しつつスタンダードなジャズナンバーも演奏するので、ジャズテイストをより感じたい方にオススメ。定期的に来日しているので、2017年のライブスケジュールを知りたい方はここ(→「Lars Janson - インフォメーション」)をチェック。


Lars Jansson Trio - Hope

TRISPACE

北欧出身のジャズミュージシャンではないがぜひ紹介しておきたい。2008年に結成した日本のピアノトリオ。メンバーは、林祐市(ピアノ)、大村守弘(ベース)、山下佳孝(ドラム)。E.S.T.Lars Jansson Trioを気に入ったなら、TRISPACEもぜひ聴いてほしい。なぜなら、このトリオはE.S.T.Lars Jansson Trioに影響を受けており、北欧ジャズの系譜に位置しているからだ。


TRISPACE / 3rd Album "NIGHTFALL" Digest