読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

2017年2月の振り返り

Meditation

運営報告をしているブログを見かける時期なので、私も2月の活動を振り返ってみようと思います。振り返りは大切ですよね、と言いつつ1月はやらなかったんですが。。

それでは「はてなブログを書く」と「はてなブログを読む」という2つの視点から振り返ってみたいと思います。

はてなブログを書く

このブログは昨年の12月くらいから本格的に書き始めたので、約3ヵ月が経過しようとしています。ブログの目的は前に書いた通り(→「はてなブログ継続して気づいたこと」)、自己表現の練習です。今までの人生において積極的に自分を表現することをしてこなかったので、文章を通して表現力を鍛えていこう、という試みです。

記事の本数

2月は14本の記事を書きました。カテゴリの内訳を見てみると書評、カメラ、映像作品で全体の6割を占めています。自分の興味のある分野かつ書きたいことなので、自然とこれらのカテゴリの記事が多くなったのだと思います。

  • 書評(3本)
  • カメラ(3本)
  • 映像作品(3本)
  • 雑感(2本)
  • 思索(1本)
  • 旅行(1本)
  • デジタルアート(1本)

苦労した点

敢えて挙げるとすれば映画の感想が思っていたより難しかったです。既にその映画を見た人を対象に書くのか、見る前の人を対象に書くのか、ネタバレはしない方がいいのか等、悩みだすとキリがなかったです。既に映画の批評ブログがたくさんある中で自分が感想を書く意味がどれほどあるのか、っていうのもあります。まあ、ある程度目的意識をはっきりさせた上で、感じたままを書ければ上出来だとは思いますが。。「燃えよドラゴン」のブリース・リーの名言を思い出しました。

Don’t think. Feel!
It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”

そして、デジタルアートに関する記事を1本書きました。最近特に興味が出てきた分野なのでアート関係の記事はこれから増やしていきたいと思っています。自主的に学習した内容や美術館・博物館での展示内容をブログでアウトプットしていければいいなと思っています。

更新頻度について

2月は更新頻度を2日に一回、文字数は1000字程度を目標にやっていました。なんとか目標を達成できたので、これくらいのペースが自分には合っているのかなと思っています。1月は毎日更新を自分に課していたのですが、後半になるにつれて辛くなってきたので諦めました。毎日更新されている方は本当に尊敬します。

3月も更新頻度を2日に一回、文字数を1000字程度という目標でやっていきたいと思います。ただ、敬体(です・ます)がいいのか、常体(だ・である)がいいのかという悩みを抱えていたり、文字をどこまで装飾するのか等、自分のスタイルを模索中で、ころころ変わる可能性があることをお伝えしておこうと思います。読み難かったら申し訳ありません。

ブログを続けて嬉しかったこと

書評を書いた時に著者の方にリツイートして頂いたり、いいねを頂いたりすることがあって、改めてネットの拡散力、影響力の凄さを感じています。自分が尊敬している方から反応があるってすごい励みになりますね。いや〜、本当にすごい時代に生きてるんだなと感じます。

はてなブログを読む

実は書くよりもブログを読む方が面白くなっています。購読中のブログは3月3日時点で97個になりました。少しでも自分の感性に引っ掛かったブログを片っ端から購読するようにしているので、どんどん増えている状況です。頻繁に更新されるブログはそれほど多くないので、まだギリギリ追いかけられていますが、これ以上増えるとちょっと厳しいかもしれません。購読する基準を考える時期に来ているかもです。

2月の注目記事

個人的にとても影響を受けた記事を取り上げます。一つ目は、てつさんが運営している「MUTANT」というブログの記事です。

www.mutant-tetsu.com

せっかく記事を書くのであれば多くの人に読んでもらいたい、というのはブログを書いている人なら一度は考えたことがあると思います。コンテンツの上手な伝え方の要素として、Webマーケティングやコピーライティングがあると思いますが、この記事ではそれらの重要性と参考書籍について述べています。丁度、コピーライティングについて学習したいと思っていたので、時間を見つけてこの記事で取り上げている本を読みたいと考えています。

2つ目は、これは記事というかブログそのものなのですが、ハルオサンの「警察官クビになってからブログ」です。

www.keikubi.com

既にご存知の方も多いと思いますので詳しい内容には触れませんが、ハルオサンの壮絶な半生の物語とそれを中和するほのぼのとした絵が絶妙のバランスで中毒になってしまいました。先日、アール・ブリュット(正規の美術教育を受けていない人による、何ものにもとらわれない表現)に関する記事を書きましたけど、この絵がまさにアール・ブリュットなのかもしれません。

まとめ

ということで、書くと読むという視点から振り返ってきましたが、書くという点では2日に1回のペースで、書評・映像作品・カメラ・アート関係を中心に自分の興味のあることを書いていければいいなと考えています。

読むという点では、時間の許す範囲で購読中のブログをフォローしていくことと新たな刺激を求めて新(珍?)ブログの探索をしていきたいと思います。自分の傾向としてはインプット過多でアウトプット少なめになりやすいので、その辺のバランスは常に考えていくつもりです。

2月の振り返りは以上で終わりたいと思います。ゆるくて適当な要素のあるブログですが今後とも宜しくお願いいたします。