読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

はてなブログを継続して気づいたこと

思索

f:id:mygt:20170114174036j:plain

 ブログ自体は昨年6月に開設したのですが、継続して記事を書くようになったのはここ2ヵ月くらいです。そこで今回はこの2ヵ月間ブログを継続して気づいたことを書きたいと思います。まずは、このブログのスタンスというか目的を振り返ります。

 ブログを書く目的は、ブログを書くことで自分が日々感じていることを積極的に表現すること、自分自信の内面を客観的に観察して自分が何者なのか、改めて考える機会を持つことなので、主に自分の感性に触れた何かを書いたり、自己管理に関する備忘録的な何かを書いていくつもりです。「何か」ってなんだろう?

 一番最初の記事(→生きていくということ)で書いたことなのですが、ブログを書く目的は端的に言うと自己表現の練習ですね。自分を表現することがとても苦手になっていることに気づいたので、これはいかんということで。自己表現の練習という意味では、「雑感」や「思索」のカテゴリーで書いていることが当てはまります。自分が感じたことをそのまま外に出すと自分の内面を客観的に理解できるので、自分を理解するのに役立っています。まあ、改めて記事を見ると文章も硬いし内容も真面目ですよね。そういう人間なんだと思います。

 でも最近は、単なる自己表現の練習で完結するのではなく、読者の方にとって有益な情報を提供したり、楽しんでもらえるコンテンツを発信したいという気持ちも出てきました。完全に自分の主観的な世界でブログというメディアを運用するのか、他者の存在を意識しながら運用するのか。答えは出ないと思いますが、バランスをとりつつこれからも記事を書いていきたいと思います。このブログの方向性をキーワードで書くと以下のような感じです。

 

 2017年の方向性

  論理的 → 感情的
  冷静  → 情熱
  左脳  → 右脳
  真面目 → 遊び心・ユーモア
  我慢  → ワガママ
  テキスト → 映像

 

 そして、ブログを書くよりも読む方が面白くなっていることに気づきました。特に「はてなブログ」は質の高いコンテンツを提供している方が多い印象を受けます。そのスタイルも多種多様で、PVを稼ぐことにとにかく情熱を燃やすブログ、自分を内省的に振り返るためだけの主観的なブログ、お金をとってもおかしくないぐらいの専門的な記事を書くブログ等々、見ていて飽きません。

 その中で私淑している方が何人かいるのですが、私の最近の記事はその方達の影響をモロに受けています。これは良い傾向だと思っていますし、これからも諸先達の良い部分を取り入れてブログという自分のメディアを改善していけたらと考えています。

 これからもどうぞ宜しくお願いいたします。。やっぱり硬いですね。