読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

TVアニメ「3月のライオン」にどうしようもなく心惹かれる理由

思索

 なぜぼくはこのアニメに心惹かれるのだろう。番宣でのキャッチフレーズ「何かを取り戻していく優しい物語」が自分の心を捉えたからだろうか。主人公のモノローグとアート的なアニメーションの組み合せに心を奪われたからだろうか。一つ言えることは主人公の独白部分のセリフは表現豊かで秀逸なものが多いということだ。例えば、「... それは深くやさしい眠りだった。」のようなその場面に相応しい言葉がさらっと出てくるあたりがとても痺れる。そして、主人公が心の闇を抱えて逡巡するシーンと3姉妹との心温まる交流シーンの対比、強弱のつけ方が見事だと思う。心が弱っている人にとって一服の清涼剤となるアニメではないだろうか。嗚呼、次の放送が待ち遠しい。

 

3lion-anime.com