読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

日々の自分の変化に正直でいること

思索

RIZE、LIFE IS GROOVE等で活躍中のベーシストKenKenが、ある音楽番組で語っていた言葉。

日々の自分の変化に正直でいること。昨日までこう思っていたけど、今日はこう思うから今までのことは全部辞め、とか全然ありだと思う。

今の自分にとってすごく共感できる言葉だったので、メモしておこうと思います。文脈としては、Grooveとは何か、という問いかけに対して、Grooveとは快楽!、と答えた上で、自分にとっての快楽とは何かを理解するためには、日々の自分の変化に正直でいること、っていうコメントをしていました。 自分はどちらかというと、(周囲との摩擦を避けるために)感情を押し殺して周りに合わせるタイプなので、こういう考え方をする人に憧れる部分があります。生きていて心底楽しいと感じることがあまりないのはなぜだろう?、と最近よく考えるのですが、自分の感覚や感性に対して鈍感になりすぎているからなのかもしれません。

あとは、音楽が好きなのでGrooveっていう言葉を掘り下げて研究してみたいです。Wikipediaには以下の説明が載っていますが、自分なりのGrooveの定義をいつか言えるようになりたいです。

グルーヴgroove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィーgroovy)。ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源は [ [レコード]]盤の針溝を指す言葉[1]で、うねりの感じからジャズレゲエソウルなどブラックミュージック音楽演奏表現する言葉に転じた言葉である。現在は、素晴らしい演奏を表す言葉の1つとして、ポピュラー音楽全般で用いられる。

グルーヴを構成する要素としてはリズムテンポシンコペーションアーティキュレーションなどが挙げられ、主にリズム体ベースドラムスパーカッションなど)を対象とした概念である(例:グルーヴィーなドラミング、など)。「ノリ」(乗り)を表す言葉である。ジャンルによって感じるグルーヴは様々で、グルーヴ感の会得は、演奏者にとって必要不可欠な要素のひとつである。