クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

映画「詩季織々」を観てきたよ

#極力ネタバレをせずに記事を書いていますが、事前情報を何も知りたくない!という方は、映画を鑑賞してから戻ってきて頂ければと思います。 出典:https://shikioriori.jp/ 「詩季織々」は、「君の名は。」で爆発的に知名度を上げた新海誠監督の作品を手が…

「豊かな小国」の躍進モデル

突然ですが質問です。 日本より国土が小さく、人口も少なく、資源も少ない国で日本よりも経済的に豊かになったアジアの国で、現在も経済的に高い成長率を維持している国はどこでしょうか? 答えは、シンガポールなんです。 人口560万人のこの国は、2017年の…

「海鮮が安いだけのお店」に行ってきました

JR大阪駅に隣接している商業施設ルクア地下2階バルチカフロアーの「魚屋スタンド ふじ子」でランチ限定の「ふじ子ちゃん定食」を食べてきました。 お昼は「ふじ子ちゃん定食」か「単品注文」かを選ぶ形式になっています。 私が行った時は、お客さんの注文は…

これから「ふくらむちゃんばしら」の話をしよう

JR東京駅丸の内地下の南北通路で偶然見かけた柱。 他にも柱はあったが、この柱だけがふわふわでもこもこの毛布のような素材で覆われていた。 無機質で何の変哲もない柱を覆うだけで、空間の雰囲気をがらりと変えたり、 柱自体に機能、いや機能ではなく生命を…

最近感動したこと

最近、感動してますか? 映画やドラマを見て感動したというレベルではなく、心の底から感動したことはありますか? と言われて、「あります!」って言える人は少ないんじゃないでしょうか。 ある講演会で某おもちゃ会社のエンジニアの人の話を聞いたのですが…

脳はどのように美しさを判定するか?

数年前からアートやデザインに興味を持ち始め、その延長線上で、美しさってなんだろう、ということにも興味を持ち始めました。 人は美しいものや風景を見たりすると気分が高揚したり、感動したり、肯定的な感情になりますよね。 これは、その人の趣向や個性…

松陰の松下村塾に見る「教育とは何か」

教育問題には以前から関心がありまして、少し前にプログラミング2020年必修化に関する記事を書きました。 家人が読んでいた本を拝借して少し読んでいたところ、教育とは何か、という面白いエッセイを見つけたので、今回はそのことについて書きます。 この本…

ソール・ライターの言葉から写真を学ぶ

常々、写真をもっと学びたいと思っていて、ブログの記事でもそういう記事を書いてきました。 mygt.hatenablog.com mygt.hatenablog.com 今回は、写真家であり、画家でもあるソール・ライターの言葉を取り上げたいと思います。 彼は、人生の後半で初めて写真…

仕事の原点とは何か

何となく仕事って何だろう、とか働くって何だろうって考えていたら、たまたま新聞でそういう記事を見かけました。 ということで、今回は仕事というテーマについて書きたいと思います。 読売新聞の人生案内というコーナーで、60代前半の男性が仕事の辞めどき…

大阪黒門市場 まぐろのエン時で海鮮ひつまぶし丼を食らう

伊丹空港を利用して、かつリニューアルエリアのレストランで食事をしたので、久しぶりに食レポをしたいと思います。 ちなみに伊丹空港は約50年ぶりとなる大規模改修中です。2020年の全面改修に先駆け、2018年4月18日から中央エリアがリニューアルオープンさ…

次に読む本をどうやって決めるか

今回は備忘録的な内容です。 私は読書家と言えるほど本を読んでいません。が、定期的に本を読みたくなる時があって、そういう時は書店やAmazonで複数冊の本をまとめて購入して少し読んで、後は積ん読状態になっています。 本との出会いって一期一会のような…

2020年プログラミング必修化について思うこと(後編)

前編では、本題に入る前に「なぜ教育問題に関心があるのか」ということについて考えてみました。 身近な問題であること、というのが一つの答えだと思います。 AI、ブロックチェーン技術が盛り上がりを見せるなか、STEM(Science, Technology, Engineering an…

2020年プログラミング必修化について思うこと(前編)

教育問題については以前から関心がありまして、小学校でプログラミング教育が開始される件も気になっていました。 2、3日前の読売新聞でこの件が特集されていたので、今回はそのことについて書きたいと思います。 本題に入る前に「なんで教育問題に関心があ…

これまでで一番印象に残っているTEDトークについて

今年の3月末でTEDトークを扱うNHKの番組『スーパープレゼンテーション』が終了しました。毎回楽しみにしていたので、とても残念でした。 そして、これまでで一番印象に残っているTEDトークってなんだろうと考えてみると、この話が頭に浮かびました。 How to …

時間泥棒と生産性と私

最近というか、かなり前から思っていたことを書きます。 それは、私は生産性が低いな〜って話なんです。 生産性が低い。 目的やら目標があるとして、それに向かって一直線に何かをしていく時に、悩んだり、悩んだり、悩んだり、、、他に何かあったっけ、まあ…

詩仙堂に行ってきたよ

所用で京都へ行ったついでに詩仙堂に寄ってきました。前回、初めて行った時は秋頃だったので、今回はまた違った庭の表情が楽しめました。 昨年初めて訪れた時は、友人に誘われて一緒に行ったのですが、その雰囲気の良さに驚くとともに、いつまでも滞在したい…

梅田悟司著『「言葉にできる」は武器になる』を読んだ感想

ブログを書くようになってからコピーライティングという分野に興味を持つようになりました。 このブログはどちらかと言うと備忘録的な要素が強く、そこまで他者を意識していません。 ただ、どうやったら読んだ人に共感してもらえるのか、人の心に刺さる文章…

【48年ぶりに復元!】太陽の塔、内部公開に行ってきたよ

3月末の話になりますが、行ってきました。そして度肝を抜かれてきました。僕はリアルタイムで岡本太郎というアーティストを知りません。が、彼の著作や作品は少し知っているので、太陽の塔がどういう作品なのかを体験するために行ってみることにしたわけです…

カルロス・ゴーン流子育ての要諦。3つの自立とは何か。

写真の整理をしていたら去年の日本経済新聞「私の履歴書 カルロス・ゴーン」の記事を撮影したデータが出てきました。 「私の履歴書」は、著名人がその生い立ちや波瀾万丈の生涯を語る自叙伝です。撮影したデータは、2017年1月29日の第28話で、カルロス・ゴー…

Lineのグループトーク機能に物申したいこと、3選

春ですね。新しい出会いの季節。 ここ数年ずっと思っていることをぶちまけたいと思います。新しい組織やグループに所属すると脊髄射的にLineグループを作る輩がでてきますよね。 これに物申したい。 誘われたら断る理由も特にないし、加入しています。が、と…

大江千里著『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』を読んだ感想

いや〜、久しぶりに貪るように本を読みました。それぐらい面白かったです。僕は大江千里というミュージシャンを知らない世代です。 かろうじて、新海誠監督のアニメーション映画『言の葉の庭』で流れていた主題歌「Rain」という曲を知っているくらいです。 …

『ふちねこ』の飼い主になりました

「カフェ・ベローチェ」などのシャノアール・グループで実施中の「ふちねこキャンペーン2018」で、黒猫のミニフィギュアを一匹もらってきました。 今回が第3弾のようなんですが、前回、前々回と気にはなりつつ、気がついたらキャンペーンが終わっていたので…

アンリ・カルティエ=ブレッソンの言葉から写真を学ぶ

先週、所用で京都に行ったので少し足を伸ばして貴船神社と鞍馬山で写真を撮ってきました。 その時に意識したというか、頭の片隅に入れておいたのが20世紀を代表する写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンの言葉です。 To take photographs means to recogniz…

写真をもっと学びたい

昨年、念願のデジタル一眼レフカメラを購入しました。 mygt.hatenablog.com ただ、アレです。そう、買っただけで満足してろくに使っていないという最悪な状況になりつつあるんです。 買って一年経てば、マニュアル撮影でISOやらシャッタースピードやらF値や…

マクドナルドを世界的大企業に育てた男、レイ・クロックの物語。映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た感想。

最近はあまり行かなくなったマクドナルド。でも、その成り立ちには興味があって、この映画には注目していました。映画レビューサイトでは得点があまり高くなかったのですが、事実に基づく話ということで個人的には面白かったし、考えさせられる映画でした。 …

iPhoneから「”写真”に新しいメモリーがあります」という通知があった件

スマホを充電中に通知音が鳴ったので見てみたら「”写真”に新しいメモリーがあります」という通知がありました。少し思うところがあったので今回はそのことについて書きたいと思います。 スマホをチェックすると「 Kobenhavn K & Narita 2017 TRIP」というタ…

米国の仮想通貨に関する公聴会を視聴して思ったこと

米国東部標準時2月6日午前10時(日本時間2月7日午前0時)から開催された米上院銀行・住宅・都市問題委員会の仮想通貨に関する公聴会をwebcastで視聴しました。仮想通貨に関しては去年から関心があったのですが、特に何もしていない状態でした。が、某取引所…

特急列車内でのアンケート調査から目的を伝える大切さを再認識した話

先日、JR西日本の特急列車に乗っていた時のことです。珍しい状況に遭遇したので、今回はそのことについて書きたいと思います。 珍しい状況、というのは列車内でのアンケート調査のことです。いかにもアルバイト風の男性が特急列車の自由席の乗客に対して、「…

平成を想う

今年は平成30年、明治維新150周年という節目の年です。日本の近代化や平成という時代を振り返る記事をよく見かけます。1月25日の読売新聞朝刊に社会学者の見田宗介氏が日本の近代化、そして平成について想うところを語っていたのですが、興味深かったので、…

ブルーノ・ムナーリ著『木をかこう』を読んで、木をえがいてみる

[原則] 幹から遠くなるほど枝は細くなり、枝は2本に分かれる。 デザイナーの友人から勧められたこともあって、ブルーノ・ムナーリの本をいくつか読んでいます。ブルーノ・ムナーリは、イタリア人デザイナーで、プロダクト、グラフィック、絵本、造形、映像、…