クロネコの塵壺

自分の頭で考えて生きていこう

iPhoneから「”写真”に新しいメモリーがあります」という通知があった件

f:id:mygt:20170405003930j:plain

スマホを充電中に通知音が鳴ったので見てみたら「”写真”に新しいメモリーがあります」という通知がありました。少し思うところがあったので今回はそのことについて書きたいと思います。

スマホをチェックすると「 Kobenhavn K & Narita 2017 TRIP」というタイトルで2分程度のミニムービーが作成されていました。

昨年、北欧4ヵ国を周遊した時にデンマークだけiPhoneで写真を撮っていたので、その時の写真をベースに映像が編集されていたのですが、旅の時系列順に思い出深い写真がピックアップされていて少し感動してしまいました。

調べたところ、この機能はiOS10の写真アプリから実装された機能で"Memories"というそうです。通知があったのはこれが初めてなんですが、写真アプリが写真に記録された人物の顔や背景、位置情報をベースに画像を認識し、カテゴリー分けし、バックグラウンドでミニムービーを作成するというものです。タイトルまで自動でつけてくれるってすごいですね。まあ、そんなに凝ったタイトルではありませんけど。。

ここでふと思い出したのが映画『小説家をみつけたら』で作家のウィリアム・フォレスターショーン・コネリー)が年の離れた友人に恋愛の助言をするシーンです。

”The keys to a woman's heart is an unexpected gift at an unexpected time."

うーん、「まさに思いがけない時に思いがけない贈り物をもらう」と響きますね。

 

以下、これまでに書いた北欧関係の記事です。

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com

mygt.hatenablog.com